青木宣親が3年10億で7年ぶりにヤクルト復帰!

青木宣親が3年10億で7年ぶりにヤクルト復帰!

アメリカ大リーグで6シーズンプレーしていた青木宣親外野手が古巣のヤクルトに復帰するそうです。

契約は3年で総額10億円と36歳の外野手に対してなかなかの大型契約。

今オフはFAとなっていましたが、メジャーからのオファーが今のところなく、日本球界復帰を決断したようです。

背番号は「23」

青木の復帰はヤクルトには大きな補強となりそうですね。

これまで、日米通算2058安打を放っている打撃技術に、チームの精神的主柱としての役割も大きそうです。

メジャーでの通算打率.285で、昨シーズンもメッツで打率.284を記録していますからね。

選手としては高齢に差し掛かっていますが、まだまだ戦力としても魅力的ですね。

背番号は大リーグ移籍前はヤクルトで「1」を背負っていましたが、現在は山田が背負っている番号なので、入団時の「23」で落ち着いたようです。

ヤクルトの外野陣はどうなる

この補強で、ヤクルトの外野陣のレギュラー争いが熾烈なものになりそうですね。

普通に考えると、バレンティン・雄平・坂口っぽかったのですが、そこに青木が入ってきました。

上田もいますし、、、

雄平は復調しなければ青木にレギュラーを奪われてしまいますね。。。

キャンプ合流は遅れる

そんなわけで、ヤクルト復帰が決まった青木ですが、キャンプの合流は少し遅れるようです。

その理由が、、、

ユニホームが間に合わないため(笑)

そんなものどうにでもなりそうですが、、、

メジャー帰りの青木が日本でどれくらいヒットを打てるのか、個人的に楽しみです。

スワローズカテゴリの最新記事