評論家の順位予想が低いときほどペナントの順位がいいのがマリーンズ!

評論家の順位予想が低いときほどペナントの順位がいいのがマリーンズ!

いよいよ2018年のペナントレース開幕が迫ってきましたね。

この時期になると、いろいろな野球評論家の方の順位予想が出てきます。

パ・リーグの順位予想となると、毎年恒例のソフトバンクホークス一強という予想が多いですね(笑)

日ハム・ロッテがここまでは厳しいシーズンになるのではないかという予想が多い印象です。

順位予想が低いほど好成績

マリーンズファンの私としては、この時期の順位予想は全く気にしていないのですが、何となくマリーンズは順位予想が低い年ほどレギュラーシーズンで上位に食い込んでいる印象があります。

思い過ごしかもしれませんが・・・(笑)

そんなわけで、今シーズンはそこそこいい順位が狙えるのではないかと勝手に期待しています。

前年度最下位からの翌年優勝は長いプロ野球の歴史でも過去7チームしか達成していない快挙となります。

その過去の優勝チームでも前年度の最多借金は「29」。

マリーンズは昨年は借金「33」という球団史上ワーストを記録する惨敗っぷりでした。

今シーズン、優勝するとなるとそれこそ史上最大の下克上となります。

チーム盗塁王にニンジン

今季、走塁改革を掲げている井口マリーンズですが、球団スポンサーがしっかりとサポートしてくれるようです。

今季のチーム盗塁王にはジェットスター・ジャパンが賞品として「ケアンズ往復のペア航空券」がプレゼントされるそうです。

しかもビジネスクラスです(笑)

順当にいけば、ここまで4年連続チーム盗塁王を獲得している荻野貴司が大本命ですね。

本人もこの賞品を狙うと宣言しているので、大きな故障さえなければ持っていきそうですね。

大きな故障さえなければ・・・

シーズン通して活躍さえできれば盗塁王を獲得できるレベルの選手なので、今季はチーム内だけではなく、リーグで盗塁王を獲得してほしいです。

他にも、加藤翔平や中村奨吾、藤岡裕大といった走れるメンバーは揃っているのでハイレベルな争いを期待したいです。

三塁打賞も

盗塁賞のほかにも、ビックカメラからは「三塁打賞」として、三塁打を打った際に商品券が送られるようです。

一時期は細谷が三塁打を量産していましたが、今季は試合に出続ければルーキーの菅野あたりが面白そうですね。

二塁打が三塁打になれば次の打者は外野フライで1点入るケースとなるので、かなり気持ちにゆとりができるはずです。

ここも積極走塁でどんどん次の塁を狙っていってほしいですね。

抑えは内

今季のマリーンズですが、守護神には内が起用されるというニュースを見た気がします。

個人的には内は抑えよりもセットアッパー向きだと思うのですが、、、

荻野同様、故障だけには気を付けて頑張ってもらいたいです。

レギュラーシーズン通して投げるとなると、昨シーズン終盤のバテバテの感じが気になりますが、、、

大丈夫かな?

そうなるとシェッパーズがセットアッパーとなりそうですね。

今のところ、今季の助っ人では一番期待できそうな選手ですので、ぜひともシコースキー並の活躍を期待したいです(笑)

キーマンは奨吾

今季のマリーンズ、藤岡裕や菅野といったルーキーが開幕スタメンとなることが濃厚なようですが、個人的に期待したいのが中村奨吾です。

大学時代の本職のセカンドに復帰したことで、打撃にもいい影響が出ると信じています。

長打も打てて足も速いとポテンシャルは抜群の選手。

今季は本当に三番セカンドとしてシーズン通して活躍してくれないと、チームとしても厳しいシーズンになってしまう気がします。

ぜひとも30-30を期待したい選手です!

今季を飛躍の年にしてほしいですね。

アジャも頑張れ、、、

マリーンズカテゴリの最新記事