必要ないかもしれないけど、マリーンズの2018年の捕手陣について勝手に考える

必要ないかもしれないけど、マリーンズの2018年の捕手陣について勝手に考える

このポジションに関しては必要ない気もしますが、2018年シーズンを戦う上で非常に大事なポジション、キャッチャーについて勝手に考えてみます。

個人的にはマリーンズの投手陣は悪くないメンツが揃っていると思いますが、それを活かすも殺すも捕手のリード次第。

チームの躍進を考えたうえで、非常に大事な大事なポジションです。

田村が正捕手

とりあえず、現状マリーンズで捕手登録されている選手は以下の通り。

  • 田村
  • 吉田
  • 金澤
  • 宗接
  • 江村
  • 柿沼

このメンバーで考えた時に、正捕手は田村で間違いないでしょう。

昨シーズンまでの実績もありますし、、、

というか、向こう数年は田村が正捕手で間違いないでしょうね。

年齢はまだ23歳、今後まだまだ成長する年齢です。

東京オリンピックで日の丸を背負ってほしいですね。

吉田・江村が控え捕手を争う?

田村を正捕手とした時の2番手捕手ですが、昨シーズンまでの感じだと、吉田・江村の争いになりそうですね。

ただ、吉田はピンチの時のリードが弱気、江村は絶望的に打てないと言った両者ともにウィークポイントを持っています。

個人的には柿沼あたりに期待しているのですが、、、やっぱり田村の壁は厚いですね。

金澤あたりはこの辺の争いに食い込めなかったらシーズンオフに厳しい結果が待っているかもしれません。

リードを刷新

田村関連のニュースですが、今季から井口監督に代わることで、“脱伊東”を目指してリードを刷新するとのことです。

伊東前監督時代は内角を厳しくついたりする“捕手目線”のリードだったものを、投手個々の個性や性格を活かしたリードに変更するとのこと。

そのために、キャンプ中に全投手と面談を行うとのことです。

伊東前監督の教えをすべて捨てるというわけではないでしょうが、これはこれでどうなるのか?

今までは内角に投げ切れずに真ん中に入って痛打を打たれていた投手が思い切って腕を振れるようになるかもしれないですね。

打率も期待

リードだけではなく、盗塁阻止率・打率と言ったところも今期の田村には期待したい。

打率は.260を超えてきてくれれば、、、

里崎は正捕手ならホームラン二桁か打率.250は打てないとダメと言っていますしね。

ホームランは厳しいでしょうから、打率を残してほしい。

とりあえず、今季の躍進には田村の活躍が必要不可欠!

今後、何年も正捕手を張れる選手なので、いっそのこと日本球界一の捕手に成長してほしいです。

マリーンズカテゴリの最新記事