マリーンズの2018年の内野陣について勝手に考える

マリーンズの2018年の内野陣について勝手に考える

ボチボチ始まる2018年シーズン。

昨シーズンはオープン戦で圧倒的な力を発揮してそこで燃え尽きたマリーンズ。

今季は井口新体制となって個人的には非常に期待しているシーズンであります。

そんな井口マリーンズの内野陣について勝手に考えます。

大地と奨吾の入れ替え

井口監督によると、

よほどのことがない限り、大地は起用する

とのこと。

三塁手のポジションは大地で固定っぽいですね。

そんなわけで安田はファームで育成の一年になりそうです。

焦らず巌コーチと基礎を固めてほしいですね。

今シーズンからは奨吾も大学時代のセカンドにコンバートされます。

昨シーズン後半のプチ覚醒を見ると、個人的には結構期待しています。

なんといっても、昔はヤクルトの山田がすべてにおいて勝てないと言ったほどの素質を持っていますから。

今シーズンの本格覚醒に期待したいです。

背番号に恥じない活躍を!

そんなわけで、個人的にはセカンド・サードはほぼ確定かと思っています。

大木なんかも頑張ってほしいんですけどね。

遊撃手争いが激化

西岡の移籍以降、イマイチしっかりとハマったレギュラーがいなかったショート。

※大地がレギュラー張っていましたが、守備範囲が・・・

昨シーズンも大地のコンバートでポジションを空けてもらったのに平沢がものにできませんでした。

巨人・坂本は高卒2年目で二岡負傷のチャンスをモノにして全試合出場を達成。

そこから日本を代表する遊撃手に昇りつめました。

平沢も今季で3年目。

まずは打球を前に飛ばそう。

そして昨シーズン、そんな平沢を横目に堅実な守備でレギュラーに近づいた三木。

定着しかけた時に死球で骨折、離脱となってレギュラー確保にはなりませんでした。

そこに、今季はルーキーの藤岡裕大が加入します。

その背番号「4」から球団の大きな期待を感じてしまいますね。

まだ実戦で見ていないので何とも言えませんが、現状で一番レギュラーに近いのかな?

スター性的には三木には申し訳ないのですが、平沢と藤岡の競争になりそうですね。

奨吾と一緒に鳥越コーチに徹底的にしごいてもらって強固なセンターラインを構築してほしいです。

平沢・藤岡、どちらがレギュラーになっても楽しみです。

何となく三木はかつての根元に重なるな。。。レギュラーになりかけてライバル登場・・・みたいな。

問題の一塁手

セカンド・奨吾、サード・大地、ショート・藤岡 or 平沢 となったときに問題なのはファースト。。。

ここに新外国人のドミンゲスを配置するのでしょうが、やはり助っ人ガチャは開幕してからでないとわからない。

他のファースト候補としては福浦大先生、アジャ、根元、高濱、翔太、細谷が入ってきますね。

香月はもう少し育成かな?まぁサードだし。。。

先生は身体のケアをしながらの起用だろうし、、、

アジャがボチボチ覚醒してくれないと、、、山川並の活躍してくれれば文句ないんですけどね(笑)

そろそろ首筋が涼しくなってくるキャリアに差し掛かっていると思うので、危機感持ってほしいですね。

私は根元が好きなので、代打で輝いてほしいです。

引退は自分で決めさせてあげてほしい。

高濱・翔太・細谷に関しても今シーズンダメなら来季どうなるか、、、

ってか、このあたりの選手はタイプ的にファーストじゃねぇだろって感じですね。

各選手、内野のユーティリティー的な感じになっていて、翔太・細谷は外野も頑張っていますけどね(笑)

アジャがいい感じになってくれると今後何年か安定してくるんですけどね。

外国人は活躍すると千葉経由・東京 or 福岡行き があるので・・・

選手層は・・・

マリーンズの内野陣をとりあえず挙げてみると・・・

  • 根元
  • 藤岡
  • 安田
  • 大地
  • 奨吾
  • 福浦
  • 平沢
  • 高濱
  • 三木
  • アジャ
  • 大嶺翔太
  • 香月
  • 細谷
  • 大木
  • ペーニャ ※DH専門だろうけど

といった感じです。

やっぱり小粒感は否めない。。。

安田が大打者に成長してくれて、奨吾・平沢が覚醒、藤岡が大当たりなんてことになってくれればいいんですけど、それでも控えがイマイチですね。

「.250 6本」みたいなザ・マリーンズといった選手が多いのはやはりチームカラーなのか・・・

福浦の大記録

そして今シーズンは、福浦大先生の2000本安打が達成される予定です!

井口監督も

「点差・状況に関係なく毎試合使う」

と言っていますから、それなりの打席数も確保されるでしょう!

ぜひとも千葉で2000本を!!

まとめ

やはりマリーンズファンとしては個々の選手に期待はしてしまいますが、現実はそんな甘くないということはこれまでの経験で嫌というほど思い知らされています。

新人の藤岡に期待しなければいけない選手層。

今季はファームの指導も相当厳しいものになるそうなので、チーム内で競争して質の高い内野陣が構築されることを心の底から祈っています。

マリーンズカテゴリの最新記事