ワクワクさん、西武ファンをワクワクさせて連勝ストップ。

ワクワクさん、西武ファンをワクワクさせて連勝ストップ。

石川・二木がいい流れを作って、エース涌井でこのカード3連勝を期待していたのですが、、、

この試合の涌井は良くなかったですね(笑)

試合は落としましたが、勝ちパターンの投手は温存できたし、カード勝ち越しは決めているので気を落とさずに行きましょう。

初回からピンチの連続

今季は初回からランナーを出すも、なかなか得点を与えずに非常に試合時間を長引かせている涌井ですが、この日も例外なく初回から1死満塁と大ピンチを迎えます。

初回はメヒアをダブルプレーに打ち取ってピンチを脱出。

その裏、移籍後初先発になった西武・榎田の立ち上がりを攻めて目下パ・リーグ打点王となっている四番・アジャの2点タイムリーで幸先よく先制します。

そんな先制点を貰ってからも涌井は相変わらずピリッとせず、、、

2回に1点を返されると、4回には四球3つ、安打3本で逆転を許します。。。

っていうか、勝ち越し点が押し出し四球って、、、

この日の球審との相性もあるんでしょうけど・・・

エースと呼ばれる投手にしては寂しい内容でしたね。

結局涌井は5回1/3で降板。

被安打9、与四球6で5失点という内容でした。

よく5失点ですんだものだ。。。

あと松井稼頭央さん、復帰後初安打初打点おめでとうございます!

勝ちパターンを温存

こんな試合展開だったため、最近登板過多気味だった松永・シェッパーズ・内の勝ちパターンで起用する投手を休ませることができましたね。

撃ち込まれるケースが多かった益田・有吉も調整登板させることができましたし、結果オーライですね。

大量得点で温存できれば一番いいですが、この時期に中継ぎの酷使はシーズン後半の大事な時期に響いてくるので、接戦で落とすよりもこんな感じで落とした方がダメージは少ないですね。

現地で観戦していた方は残念でしたが。。。

平沢も出場

さらにさらに、こんな展開だったからこそなのか、平沢も出場することができました。

これまでショートは藤岡裕の独壇場でしたが、7回に田村の代打で出場し、そのまま藤岡に代わって守備についています。

これまではなかなか出場機会に恵まれませんでしたが、今季にかける思いは強いと思うので、なんとか結果を出してほしいですね。

この試合では2打数無安打でしたが、藤岡裕に負けずに頑張ってほしいです。

福浦もヒット

9回には伊志嶺・根元の連打で作ったチャンスで代打・福浦が登場。

見事にショート横を抜いてタイムリーを放ちました!

これで福浦の今季の安打は8本目!

対西武3連戦全ての試合で安打を放ちました!

ありがとう、西武!!

このまま順調に安打を放って早く大記録を達成してほしいですね。

次はホークス

そんなわけで、ここまでパ・リーグ4球団と対戦しました。

後1カードで対戦が一巡するわけですが、最後のカードが天敵・福岡ソフトバンクホークスです。

土日の2連戦でいずれも地方球場での試合となります。

ソフトバンクはここにきて打線が活気づいてきている印象です。

柳田にも本塁打出ましたしね。。。

マリーンズの先発はボルシンガーと酒居かな?

ホークスは千賀が故障で登録抹消されているので、武田・中田ですかね?

何となくマリーンズ打線は中田を苦手にしている印象ですが、最悪でも1勝1敗でこのカードを乗り切ってほしいです。

マリーンズカテゴリの最新記事