完敗で天敵オリックス・アルバースに3勝目を献上

完敗で天敵オリックス・アルバースに3勝目を献上

今季唯一の地方球場での主催試合となった富山でのオリックス戦。

見事にオリックスの先発・アルバースの前に打線が沈黙して完敗、今季3勝目を献上しました。

マリーンズ打線、、、アルバース対策ってやってるのかな?

右打者がノーヒット

左腕のアルバースに対して、放った安打は僅か3安打。

しかも打ったのは藤岡祐大の2本と角中の1本のみ。

右打者はノーヒットという内容。。。

左の先発に対して右打者がノーヒットに抑え込まれちゃうとしんどいですよね。

ってか、本当にそろそろ大地外してくれないかな?

左が先発ならドミンゲスがスタメンサードでもよかったんじゃないのかな?

ようやく初安打となるホームランが出てからスタメン起用されてないし、、、

結果でないうちにスタメン起用して、結果出したらスタメンから外すとかもはや意味が分からない。。。

狭い地方球場ならドミンゲスの一発の方が絶対怖いでしょ。。。

4回のチャンスをつぶしたのがすべて

何となく、4回のチャンスを潰した時点で「この試合もダメなんだろうな」と思ってしまいました。

1死から藤岡が3塁打でチャンスを作っても続く中村がセカンドゴロ。

その間にホームをついた藤岡が一度はセーフの判定も、福良監督のリクエストの結果、判定が覆ってアウトに、、、

2死1塁となって角中にツーベースが出るというなんとも繋がりの悪い感じに。

2死2・3塁となって五番アジャがサードゴロ。

ここでタイムリーが出てれば同点打だったんですけどね。

このチャンスを潰して、結局石川もこらえきれずに6回に3失点でほぼ試合終了。

特に見どころのない試合となってしまいましたね。

とりあえず、これで今季はアルバースに3戦3敗となっています。

オープン戦から打ててないんだからしっかりと対策してよ。

ドラ5渡辺がプロ初登板初先発へ

そんなチーム状況の中、今季のドラフト5位ルーキーの渡辺啓太投手が17日のオリックス戦でプロ初登板初先発します。

2軍戦では3勝3敗で防御率2.18という内容。

しっかりと結果を残しての登板ですね。

相手のオリックス先発は、いまやオリックスのエース格となった西ですが、ルーキーの初登板にしっかりと華を添えられるように、打線はできるだけ援護してあげてほしいですね。

今季のマリーンズは藤岡・菅野のプロ初安打の試合も初本塁打の試合も落としているので、今度の「初」はしっかりとヒーローインタビューの舞台に立てるようにチーム一丸となって臨んでほしいです。

あと、大地は打てないならスタメンから外れてほしい。。。

マリーンズカテゴリの最新記事